ぱんや 15 bake shop

木曜だけの ぱんやさん



スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告
どこでパンを作ろうか… :: 2012/05/30(Wed)

 一人でパン屋を始めるに当たり

まず どこでパンを作るのがよいか… 考えました。

 パン屋といっても とりあえずは お店を持たず、
宅配とイベント出店を中心に考えているので
厨房のみの設備をどこに構えるか 考えました。


 家庭のキッチンでは 保健所の許可が おりないんですね。
 

 開業にかかるお金を一主婦に貸してくれる銀行なんてないだろうと(あるかな!?)
独身の頃に貯めた わずかなへそくりで始められそうな方法は

 ①テナントを借りる
 ②貸家を借りる
 ③自宅敷地にプレハブを建てる

3つの案が 浮かびました。


①のテナント案は いろいろと近くの物件をネット等で調べてみましたが
家賃が全体的に高く 継続して支払っていくには 無理があると パス。

水道の配管や電気の設備がすでに整っており、
そういった工事が不要のものがほとんどなので 高くて当然ですかね。
中には シンクやら作業台が
そのまま残されている物件もありました。

いずれお店を持つのであれば、テナントを借りた方が
始めやすいのかもしれません。


②の貸家を借りる案は、築年数が経ったものであれば テナントに比べると
家賃が安く、大家さんの許可さえ出れば 出来ると思い、
あちこち 問い合わせてみたりしましたが
テナントもしかり、
始めに 敷金やら礼金、そして仲介手数料、保険、
しまいには 毎月の町内会費もね!なんて
最初にドドーンと 出費がかさむということが判明。

家賃を仮に5万円とすると
借りる前に すでに20万~30万の出費。

一年間分の家賃5万円×12か月=60万円 を足したら
80万~90万円。

これだけあれば 自宅で出来るんじゃないのかという思いにいたり、
今、プレハブ業者と 商談中です。

小さいプレハブであれば 30万円台とそれほど高くはないのですが
設置費だったり運送費だったり、
また 水道の配管、電気設備等の工事費に お金がかかりそうです。








 
 ↓下のパンは アップルプレザーブ(りんごの砂糖煮)を巻いたパン。
 仕上げに 粉砂糖と水を混ぜたアイシングをたっぷりと。

 アップルプレザーブも手作り。

 バタークリームとか、マーブルパンに使うシートとか、
カレーパンの具とか、カスタードクリームとか…

 作れるものは なるべく手作りしたい。

 体にやさしい パン屋になりたい。
 

20120531.jpg
スポンサーサイト


  1. パン屋への道のり
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<40前の一主婦は なめられやすいのか | top | マーブル食パン 桜あん>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://brown0101.blog82.fc2.com/tb.php/19-97c4a14a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。